「やさしい日本語」で伝えましょう

当協会では、平成23年度に、多文化共生の地域づくりを進めていくため、青森県内に住んでいる外国人のみなさんを対象にアンケート調査を行いました。アンケート結果から、「災害時の避難場所がわからない」「災害が起きたときに必要な情報が得られない」という人が多いことがわかりました。

一般的に、災害発生から72時間は、行政による十分な支援は期待できないとされています。また、変化する情報を瞬時に、しかも多くの言語に翻訳することは、とても難しいことです。

 災害発生時に的確な情報を適切に伝えることは、外国人を含めた被災した人々の心の負担を軽減でき、災害弱者にならず、逆に復興支援の力になります。

弘前大学人文社会科学部社会言語学研究室では、外国人が災害発生時に適切な行動をとれるように、緊急時は「やさしい日本語」を使って情報を伝えてみましょうと、「やさしい日本語」の研究が進められ、「やさしい日本語」による災害情報をホームページ上で発信していました。

その研究成果は、災害時の外国の方々のために大切な資料となります。当協会ではデータベースとして、その発信を継続します。

「やさしい日本語」資料集

  1. 「やさしい日本語」のための分かち書きルール
  2. 「やさしい日本語」におけるやさしさの基準について
  3. 「地震のことばを知ろう」~「やさしい日本語」で学ぶ100のことば
  4. 〈増補版〉「やさしい日本語」作成のためのガイドライン
  5. 「やさしい日本語」パンフレット
  6. 地震災害基礎語彙シソーラス試案(論文)
  7. 「やさしい日本語」版災害基礎語彙100
  8. 「やさしい日本語」大雨・洪水・土砂基礎語彙100
  9. 「やさしい日本語」を使った緊急連絡のための案文集(1)
  10. 「やさしい日本語」を使った緊急連絡のための案文集(2)
  11. 生活情報誌作成のための「やさしい日本語」ガイドライン
  12. 「やさしい日本語」で表現するカタカナ外来語・アルファベット単位記号用語辞典
  13. 「やさしい日本語」作り方ガイドブック(カテゴリーI対応)

災害が起こったときに外国人を助けるためのマニュアル

  1. 表紙
  2. 目次
  3. はじめに
  4. 放送などに使う「やさしい日本語」の案文
    1. 放送用時系列案文
    2. 放送用情報内容別案文
    3. 「やさしい日本語」文の作り方
  5. ポスターやビラ集
    1. ポスターやビラ集
    2. 新しくポスターやビラを作る
    3. 「やさしい日本語」版災害基礎語彙100
  6. 大使館の連絡方法
    1. 安否確認カード見本
    2. 安否確認カード原本
  7. 翻訳・通訳ボランティアリスト
  8. 「やさしい日本語」の説明とマニュアルの特徴
    1. 解説
  9. 終わりに
  10. 奥付

生活情報誌作成のための「やさしい日本語」用字用語辞典