青森県日本語指導サポーター養成講座

概要

青森大学と連携し開催。青森大学の「日本語教員プログラム養成講座」の一部を青森県国際交流協会(アスパム)で開催し、3年間で、100名の「青森県日本語指導サポーター」の登録を目指します。青森大学の履修生も一緒に受講します。

3つのテーマがあり、すべてのテーマを75%以上の出席率で修了された方には「修了証」を交付します。交付を受けた方には、受講料が全額返還されます。「修了証」の交付と同時に「青森県日本語指導サポーター」に登録されます。

青森大学の「日本語教員養成プログラム」を受講または受講予定で、当協会からの推薦による奨学制度を利用したい方は、本講座へのお申込みが必要になります。

実施年度

2019年度、2020年度、2021年度

講座内容

全11回。

テーマ1 日本語研究A 全4回

「日本語教育入門」「日本語の発音」「言語政策とことば」「こどもの日本語教育実践」「看護・介護の現場の日本語」など

テーマ2 日本語研究B 全4回

「日本語教育のための日本語分析」「日本語教育法」「教授法」

テーマ3 教育実習   全3回

「教案作り」「模擬授業」など

日本語研究Aと日本語研究Bを受講、修了した方のみ受講できます。

受講料

33,000円(11回)

  • 指定口座へお振込みください。
  • 修了証が交付された方には全額返金されます。

出席率75%の考え方

【例1】日本語研究Aの場合

受講日が4日あるので、1日は休むことができます。2日以上休むと修了証はでません。1日3講義あります。ある1日について2講義受講し、次の受講日に1講義受講した場合は、トータル75%とみなし修了証は出ます。1日に2講義ずつ休んだ場合は、75%に満たないので修了証は出ません。

【例2】日本語研究Bの場合

※日本語研究Aと同様

【例3】教育実習

教育実習は3日あります。3日全部受講できなければ75%には届きません。

出席となる条件

遅刻せずに講座を受講し、リアクションペーパーを提出して初めて出席となります。

遅刻とは

連絡がなく講座開始後15分以上遅れた場合は遅刻となります。残りの講義を受講しても、その講義については欠講となりますので、ご注意ください。

その他

わからないことについては、随時ご相談ください。

参考資料:日本語指導サポーター地域別人数(2019、2020)(PDF)