青森県日本語指導サポーター養成講座

概要

 この講座は、3年間で青森県内に100名の日本語指導のできるサポーターを養成することを目的に、青森大学と連携し同大学の「日本語教員プログラム養成講座」の一部を青森県国際交流協会(アスパム)で開催することとし、2019年度にスタートしました。2019年度から2021年度までの3年間で、107名の「青森県日本語指導サポーター」が登録となりました。

参考資料:日本語指導サポーター地域別人数(2019、2020、2021)(PDF)

 当協会では、引き続き、「青森県日本語指導サポータ―養成講座」を青森大学と連携し開催いたします。青森大学の「日本語教員プログラム養成講座」の聴講生として、大学の講義を受講することができます。青森大学から受講を終了した証として『認定証』が当協会に報告され、それに基づき、協会から受講者に「青森県日本語指導サポーター養成講座」の修了証を交付いたします。その後、「青森県日本語指導サポーター」への登録となります。大学の聴講生となるため、この養成講座へのお申込先は、青森大学となります。チラシをご参照ください。

受講する講義は、「日本語研究A」と「日本語研究B」です。

チラシ:青森県日本語指導サポーター養成講座のご案内

開講日と受講内容

今年度は6月25日(土)から始まります。(講座内容の詳細については、青森大学にお問い合わせください。)

2022年度のお申込み受付は終了いたしました。

申し込みについて

申込先:青森大学 日本語教育センター 担当:朴(パク)
電 話:017-738-2001(代表)
※受講に際しては、青森大学「聴講生志願者案内」をご確認ください。(出願期間についてはこの限りではありません)

お問合せ

受講に関すること

青森大学 日本語教育センター  担当:朴(パク) / 電話017-738-2001 / park@aomori-u.ac.jp

登録に関すること

協会 担当:三上(ミカミ) 電話017-735-2221 / メール aoni_project@kokusai-koryu.jp