日本語教室開校について

誰が日本語教室を開催するのか

日本語教室は、市町村が主体的に行っていただきたいと思います。どのような日本語教室にするかは、地域のニーズによります。上記のとおり、日本語教室は日本語を学ぶだけの場にとどまりません。外国人の増加に伴う地域のストレスを和らげる役割を果たし、かつ、外国人を育てることが、いずれは市町村や地域に発展をもたらす可能性を秘めています。

日本語指導者の養成と日本語教室づくりへの応援

当協会は、「日本語指導サポーター100人養成作戦」により、3年間で100人程度のサポーターを養成します。これにより県内各地で日本語指導に対応する人材が確保されるでしょう。また、当協会は、大学と連携しつつ、日本語教室の開催目的に応じたカリキュラムづくりなど応援します。